「宅建(宅地建物取引主任者)」講座 大原簿記専門学校でキャリアアップ


 「宅建(宅地建物取引主任者)」講座のご紹介

ホーム > 不動産関係 > 宅建(宅地建物取引主任者)


宅建取引主任者は、実用性の高いライセンス。
宅建(宅地建物取引主任者)
不動産の取引を行う不動産会社・建設会社の事務所には、従業員5名に1名以上の割合でこの試験に合格し一定の手続きを経た『宅地建物取引主任者(以下宅建主任者)』を置かなければなりません。

また近年では金融業界をはじめ他の業界でも不動産部門をもつ企業が増え、この宅建主任者を求めていることから、幅広い企業への就職・転職に有利に働く資格といえます。宅建主任者の主な業務としては、不動産物件の事前説明や契約書面の確認がありますが、この仕事を女性が担っている企業も多いため、女性にとっても魅力ある資格といえるでしょう。

■受験資格
制限なし

■試験日
例年10月第3日曜日に全国一斉に実施されている。

■合格率
15.30%

宅建(宅地建物取引主任者) 無料講座案内資料のお申し込みへ
資格の大原 宅建講座
↑クリック後、画面上部の「資料請求」へ。案内資料を郵送いたします。


簿記
税理士
宅建(宅地建物取引主任者)
社会保険労務士(社労士)
ホームヘルパー
中小企業診断士
公認会計士
旅行管理者(旅行業務取扱管理者)
ファイナンシャルプランナー(FP)
行政書士


 

大原簿記専門学校でキャリアアップのトップページへ戻る